Book

To be, or not to be

新訳 ハムレット (角川文庫)
新訳 ハムレット (角川文庫)
ウィリアム シェイクスピア, William Shakespeare, 河合 祥一郎
知られすぎている名作。
実は、どんな話か全然知らなかった…
自分は物語を読むとき、必ず、「喜劇」「悲劇」を分類します。
そう、これは「悲劇の名作」です。(そりゃそーだけど…)
要所の表現(コトバ遊び的)がいいですね。
自分は、役者達の演技の途中に挟んだ、ハムレットの言葉。
「苦すぎる。苦蓬。」
が、タイミング的にも絶妙で、面白かったですね。
あと、オフィーリアの狂乱と、
冷静に聞く兄レアーティーズの解釈が淡々と、深くて面白い。
本作品の翻訳に関して「to be , or not to be」がポイントになっているけど、あんまり関心が無いだけに、まだまだ面白さが分かってないのかな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA